レヴォーグB型の制御

メーカーリプロでどのように変わったか一部載せてみる。まず、各ギア毎に点火時期を細かく制御していたが、すべてのギアポジションで点火時期の制御を止めてしまっている。まだ、可視化できるようにはしてないが、点火時期補正に関して水温補正が若干高温側で進角気味になっていたりするが、別の補正マップでアクセルを踏み始めた時に読みに行く領域で遅角させていたりする。これらはノッキング対策だと思われるが、せっかく細かく制御が出来るにも関わらず、制御を退化させてしまっているのは残念でならない。 更に、燃圧に対しての補正の考え方が変わっている。これはおそらく高圧インジェクターの動作音対策だと思われる。まだまだ、触媒の活性の為の制御が変わっていたりと、変更は多岐に渡るが、パワーやレスポンスという点においては、退化しているといわざるを得ない。スバルは、ノッキングが発生すると安易にリプロで点火時期を遅角して、ECUがエンジンの性能を殺してしまうということをEJやEZでやってきたが、また同じことを繰り返しているような気がしてならない。