ECU 馬先生のつぶやき

現車合わせという通常のチューニングと違い、エンジンそのものの制御の根幹部分を書き換えるという方法のチューニングであるため、S206の現車を見ることなく350馬力、トルク50kgというエンジン本体がノーマルではほぼチャンピオンデータを出すことができた。実際に車両を見たのは計測後数ヶ月たってからだったと記憶している。このような、独自のチューニング方法であるので、600km以上離れた場所にいてもチューニングが可能という、日本のECUチューニング業界では考えられない形態でECUチューニングを行っている。ここまで書くと経歴は自動車メーカーの開発とかチューニングショップ勤務とかと思われるかも知れないが、実際のところはまったく別業界の人間であったりする。別業界だといっても、車関係のパーツ、特にコンセプト段階から試作をいうところは、某大手メーカーさんの依頼でいくつか手がけたことがある。例えば、今では当たり前になったマルチホールインジェクターの先端部分について、こんなものができればいいなというレベルの段階で試作してみたり、マルチ点火システムの根幹部品の設計なんかもやった。最後に、チューニング雑誌ではECUチューニングはメーカーが残した安全マージンを削ることによって出力アップをすることと定義されているようである。安全マージンには機械的な安全マージン、つまりエンジンの物理的な強度はあって、出力アップによってそのマージンは削られるのは理解できる。しかし、ノーマルの空燃比、点火時期、ターボ車の場合ブースト圧のままであれば、基本的にECUによる制御による安全マージンは削られていないと言ってもいいと思う。つまり、ECUチューニングに関しては、安全マージンを削る時代は終わったと言ってもいいのではないかと思う。ついでに言うと、安全マージンという言葉自体が嫌いというか、安全係数という工業用語で表すべきだと思うのだが・・・ただし、物理的な負荷に関してはエンジン出力が大きくなっているので、メーカーのシビアコンディションに準じたメンテナンスを行ってもらいたい。

コメントをお書きください

コメント: 3
  • #1

    まあちゃん (木曜日, 19 3月 2015 10:59)

    こんにちは
    BRZを 購入予定です
    R32GT−Rに乗っている時は ロムチューンと ブーストアップを していました
    購入したら ドライブ イグニッションに お世話になる予定です

  • #2

    今市勝大 (金曜日, 20 3月 2015 17:42)

    ありがとうございます。
    よろしくお願いします!
    ちなみに2015モデルでリプロもしくはECUIDが変わっている可能性もありますので、確認をしているところです。

  • #3

    まあちゃん (金曜日, 29 7月 2016 21:31)

    お久しぶりです
    先日は 名古屋出張で ECU書き換えの現場を見ることができました
    86の注文も 完了しました
    解析が完了したら お知らせください
    西日本さんで 書き換えを依頼します