猫対策にカーコーティングを

 

猫対策にはカーコーティングを

屋外の駐車場に車を駐車している人も多いのではないでしょうか。

屋外に車を駐車していると、猫の足跡が車についていたり、爪で引っ掻いた傷があったりと猫の被害を受けている人も少なくありません。

猫の被害はボンネットやルーフなどの、自ら対策しにくい部分や傷になると目立つ部分に多くあります。

車体にカバーをかけて対策することもできますが、頻繁に車を使用する人などには手間でもあるため、カーコーティングで対策することがおすすめです。

カーコーティングをすることで、猫の爪で塗装が剥がれたりすることを防ぐだけでなく、足跡の汚れなどもすぐに落とせるようにもなります。

対策をしないまま傷が増えてしまったり、深い傷ができてきしまうと塗装を全て変えなければならなかったり、カーコーティングよりも費用が掛かってしまうこともあるため、納車したタイミングなどの早めにカーコーティングを行いましょう。

 

 

猫の被害に遭ったら再カーコーティングをしよう

猫対策をしていても、被害に遭った場合は、再カーコーティングをしましょう。

コーティング後に猫の爪で引っ掻いた傷は、カーコーティングが剥げているだけのことが多いです。

無理に傷を隠そうと、傷隠しグッズを使用すると周囲のカーコーディングも取り除いてしまうため、塗装がさらに剥がれたり、艶や色が変わってしまったりします。

また、猫対策としてカーコーティングをする場合は、ガラスコーティングがおすすめです。

市販でもガラスコーティングが販売されていますが、プロの業者に任せることで下処理からきちんと施工し、技術もあるため安心して任せることができるでしょう。

猫対策以外にも、汚れや劣化を遅らせるメリットがあります。

猫の被害に遭い、綺麗に直らなかったケースがあるため、被害に遭う前に対策しておくことが重要です。

カーコーティングは車の色によっても種類が異なるため、プロの業者に相談して最適なカーコーティングをしてもらいましょう。