気が付かない小傷もカーコーティングで

 

気がつかないうちにできる小傷

車をぶつけたり、擦ったりすると大きな傷がつきますが、それ以外でも気がつかないうちに小傷がついてしまうものです。

例えば、飛石、砂、洗車機などで小傷がつきます。

目立たない小傷でも、大切な愛車には傷をつけたくないはずです。

小傷から愛車を守るために、カーコーティングをしてみてはいかがでしょうか。

カーコーティングにも様々な種類がありますが、ガラスカーコーティングをすることで、愛車にガラス被膜が施され、小傷であればガラス被膜が受け止めてくれるのです。

小傷程度であれば見えにくくなります。

実際には、小傷が消えているわけではありません。

カーコーティングをすることで、小傷にガラス成分が入り込んで硬化し、そこに光が反射するため、人の目では見えにくくなります。

完全に小傷を消したいという場合には、カーコーティングではなく研磨しか方法ありませんが、カーコーティングで愛車を守ることが可能です。

 

 

夏に向けてカーコーティングをしよう

カーコーティングをすると、新車のようにボディが引き締まって見えます。

小傷が目立ちやすい車の色でも、カーコーティングをすると綺麗にすることが可能です。

日差しが強くなるにつれて、隠れていた小傷が浮き出てしまいます。

特に夏はアウトドアのシーズンであり、愛車に乗ることも多くなるでしょう。

傷だらけの車で出かけると、楽しさも半減してしまうかもしれません。

日光に当たると見える小傷もカーコーティングで目立たなくなります。

カーコーティングをするタイミングは人それぞれですが、日差しが強くなる夏になる前、梅雨の時期に入る前に愛車をカーコーティングして小傷を隠し、ボディを守りましょう。

自分でカーコーティングをする人もいますが、知識がない人がすると愛車を傷つけてしまう危険性があります。

そのため、カーコーティングをしても、小傷を隠すこともできないかもしれません。

プロのカーコーティング業者であれば、新車のように綺麗な愛車に仕上がるでしょう。

夏に向けてカーコーティングを検討してみてはいかがでしょうか。