「撥水性・疎水性・親水性」3種類のコーティングの違い

種類を知って選択する

車に施すカーコーティング、ワックスからこちらが主流になってきて、
近頃は誰もがしていて次は自分もと考えている人は多いはずです。
ワックスよりも高性能で長持ちしますが、自分ではできず、
専門のショップで施工してもらわなければいけないのです。
そして、知っておきたいのが幾つか種類があることで、それぞれに違いがあるのです。
ではどんなものがあるかというと、
一般的にはポリマーコーティングとガラスコーティングで違いがあるのです。
ポリマーの場合、専門店での施工費用が安く、再塗布が簡単にできて、
市販品も売られているので自身でも行うことができるのです。
しかし、そのため傷付きやすく、
洗車時にコンパウンドの入っているシャンプーを使用すると落ちる、
頻繁なメンテナンスが必要になるなど、意外と厄介なものとなっているのです。
価格だけで選ぶと損をする、ある意味ではそういったものに近く、
ワックスよりは良いといったくらいのものになります。

自分に相応しいものを

ではガラスコーティングはどうかというと、塗布が難しく、
専門店でないとまず扱っていませんし、
人手もかかりますので費用も高額になってきます。
しかしながら、その効果は絶大なものがあって、
適切な手入れをすれば長期間効果が保ってくれるのです。
しかし、ガラスばかりがいいかというとそんなことはなく、
自分の車にあったものを、使い方に応じて選ぶことが大切なのです。
また撥水性、疎水性、親水性なども注意した方がよく、
さまざまな種類があるということは、求めに応じて選択する必要があると言えるのです。
それゆえ、違いをしっかりと確認して、
自分がどういった目的で望むのかを明確にするのがよいのです。
また同じタイプのコーティングにも種類がありますので、
しっかりと調べて自分に必要なものを見つけることが必要なのです。
ショップの店員に尋ねるなどをして、
自分の車にもっとも相応しいものを選ぶことが大切になってくるのです。