夏場にカーコーティングすると良い理由

 

夏場にカーコーティングする理由

ボディの塗装劣化を防ぎ、車を綺麗に見せる為に行うカーコーティングは、時期的にいつ施すと最適なのかを知っている人は少ないのではないでしょうか。
基本的にはいつでもカーコーティングはできますが、夏場が一番適した時期とされているのです。
また、雪の時期が明けて春の45月頃にカーコーティングを施しても、じきに訪れる7月の梅雨時期に雨によって大きなダメージを受けてしまいます。
コーティング剤によっても変わりますが、コーティング剤が完璧に硬化するまでの期間は長くて23週間掛かります。
せっかく綺麗にコーティングしても、雨が続く梅雨に当たってしまっては意味がありません。
そして、梅雨明けから始まる夏の日照りは、車の塗装に紫外線を浴びることで劣化を早めてしまう為、梅雨が明けて夏が始まる時期にコーティングを施すようにしましょう。

 

冬場は避けておきたい時期

秋から冬場の時期に行うカーコーティングに関してですが、一番おすすめできない時期です。
冬場は雪が降る地域と降らない地域によって異なりますが、雪が降らない地域でも雨の量が増える為、カーコーティングを施してすぐの車にはダメージが強すぎます。
そして、雪が降る地域に関しては雪ずり落ちが原因でコーティングに傷が入り、剥離する危険性が高くなります。
また、冬場は雨や雪などで車のボディに汚れが付きやすい時期です。
何度も綺麗にしてもすぐにまた汚れてしまう為、労力とお金が掛かってしまいます。
ですが、冬場は四季の中でも一番頑固な汚れが付く時期な為、カーコーティングをしていないボディの塗装に大きなダメージを与えてしまうことは事実です。
これらのことを含めて、冬場にコーティングがきちんと施されている状況をつくる為に、梅雨が過ぎて紫外線が多い夏場に入る前にカーコーティング行いましょう。
カーコーティングは施すタイミングも大切ですが、その後のお手入れも重要です。