塗装面以外のおすすめカーコーティング

 

カーコーティングを行う意味

カーコーティングを行う最も大きな意味になるのがツヤと輝きを維持できることでしょう。

特にスポーツカーや高級車であれば、誰しも美しく、輝きのある車に乗りたいと思うものです。

車は実用として日常の交通以外にも使う以外に、デート、会社業務での接待、送迎用、ステータスとしての楽しみ方があります。

しかし、車の塗装は普通に運転しているだけでも徐々に劣化していきます。

カーコーティングを行うことで、硬い皮膜が防いでくれるため、ツヤと輝きが長期間持続するものです。

しかし、カーコーティングを行うことで満足してはいけません。

カーコーティングを行うのなら、その性能をベストのまま保つために手入れを行うのがおすすめです。

新車の時点からコーティングを施すことで、塗装の劣化を防ぐことができます。

ひとつのおすすめとなるのがナノグラスコートを選択することです。

有害な溶剤を一切含むことなく、欧米のVOC基準も日本の食品衛生法の基準もクリアしています。

バリア機能はもちろん、耐久性や防汚性においても高いコストパフォーマンスを発揮します。

新車と思えるだけのツヤと輝きを維持するとともに、お手入れが楽になるのも大きいです。

 

3つのおすすめカーコーティング

塗装面を考えてカーコーティングを行う人が多いものの、ヘッドライトやホイールやウィンドウガラスのカーコーティングもおすすめです。

ヘッドライトの場合は長い紫外線や走行中の飛び石などで表面が傷つきやすいため、コーティング材を塗って拭き取ると、クリアな状態が長続きします。

ホイールの場合も同様にコーティングをすることで汚れをつきにくくなります。

カーコーティングは、プロに任せることで最適の方法を提案してもらえます。

いつまでの、美しく、輝きのある車体を守るためには、ぜひ早い段階からコーディングを活用することをおすすめします。

また、ずいぶんとコーディングをしていなかった車体でも、今からでも補修、コーディングで輝きを取り戻すことが出来る場合もあります。

さびやキズがあるからと諦めてしまわず、一度、相談されてみるとよいでしょう。