塗装色に合わせたカーコーティングを

 

塗装色に合わせたカーコーティング

カーコーティングやガラスコーティングは、どのような基準で選べばいいか迷ってしまうこともあるでしょう。

カーコーティングやガラスコーティングを選ぶ基準の一つが塗装色です。

塗装色に合わせたカーコーティングをすると、より美しいコーティングができるでしょう。

例えば色で選ぶ方法があります。

クリアやラメ入りなど、光の反射でより美しさを引き立てている塗装色には、透明度が高く、硬度の高い100%ガラスコートがおススメです。

ガラスコートの長所は、ホコリを寄せ付けず水で流しただけでホコリや油汚れなども流してくれるので、車の外装のメンテナンスが簡単になる点です。

塗装色がソリッドカラー系に関しては、透明度はあまり気にしなくても大丈夫です。

ポイントとしては、保護効果が高いものを選ぶといいでしょう。

黒っぽい色の場合は撥水性の高いものを選ぶのがおススメです。

汚れが目立たず、メンテナンスも簡単です。

 

 

塗装色に合わせたカーコーティング

撥水型の長所は、塗装自体が硬いので擦りキズが少なく、耐スクラッチ性に優れており、塗装色そのままの透明感が出ることです。

短所はウォータースポットやイオンデポジットになりやすい点です。

撥水型には、白やシルバー系の塗装色が向いています。

親水型の長所は、汚れが目立ちにくく、イオンデジポットやウォータースポットになりにくい点で、短所は、汚れが蓄積されやすい点です。

浸水型に関しては、どのような塗装色にも向いているガラスコーティングです。

滑水型の長所は、ウォータースポットやイオンデポジットになりにくく、コーティング剤の中でも硬さは中位くらいで、こちらもすべての塗装色に向いている点です。

しかし、滑水型は、コーティング自体の持続性がないのが短所です。

疎水型の長所は、ボディに水が残りにくく、ウォータースポットや水垢、汚れの固着を防いでくれることです。

塗装色そのままの透明感が出るのもメリットでしょう。

短所としては、大雨のときでないと本来期待されている疎水性としての機能が発揮されないことと、撥水コーティングより輝きが劣ると言った点があります。

以上のような点を踏まえて、適切なカーコーティングをしましょう。