古いカーコーティングを落とすには?

 

古いカーコーティングを放置すると

カーコーティングをしている車は、時間と共にコーティングも劣化していきます。

カーコーティングをしたのに、傷や汚れが気になる、光沢感が無くなってきているなどの不満を抱えている人もいるのではないでしょうか。

古くなったカーコーティングを放置すると、車が汚れるだけでなく塗装にダメージを与えてしまうため、一度、古いカーコーティングを落とす必要があります。

カーコーティングをしていても、洗車だけでは落としきれない汚れがあるでしょう。

コーティングの被膜がダメージを受けたままの状態で放置していると、塗装面までも窪んで浸食してしまうことがあります。

また、新たにカーコーティングをしたい場合も、古い劣化したコーティングを落とさなければなりません。

古いカーコーティングに重ねて新しくコーティングすると、塗装そのものを傷め、効果を十分に発揮しないからです。

特に、ワックスやポリマー加工を自分で施工した場合には、注意してください。

ワックスは1ヶ月程度、ポリマー加工は3ヶ月程度と、ガラスコーティングよりも耐久性が劣ります。

定期的に古くなったカーコーティングを除去して新しく施工しましょう。

 

 

古いカーコーティングは業者に落としてもらおう

古いカーコーティングを落とす前に塗装表面を手で触ってみましょう。

すべすべしている状態であれば、問題がありません。

しかし、ザラザラしている場合は鉄粉除去が必要です。

古いカーコーティングの落とし方は、塗装表面を薄くこすり落としていく作業であるため、鉄粉があると塗装を傷めてしまいます。

車のボディをよく水で洗い、鉄粉除去剤などを使用して表面処理をするのが一般的な落とし方です。

古いカーコーティングを落とす場合は、自分でも落とすことができますが、専門業者に依頼することをおすすめします。

自分で行うと、しっかり古いカーコーティングが除去できているか判断が難しいからです。

カーコーティングの落とし方を間違えると車を傷めてしまうケースがあり、注意しなければなりません。

また、劣化している古いカーコーティングは、簡単に除去できない場合があります。

専門的な知識や技術を持っている業者であれば、車の状態を確認し、必要なメンテナンスをしてくれるでしょう。