冬におすすめカーコーディングとは

 

冬の車汚れについて

冬は特有の車汚れがあります。

冬は車に対してダメージが大きく、霜や溶けた雪、ホコリ等によって非常に汚れやすい季節となっていますので、事前にしっかりとカーコーティングを行っておくことで、これらの汚れから車を守ってあげましょう。

また、冬では塩カルが混じった汚れのつく可能性がある季節となっており、この汚れは乾燥すると非常に頑固です。

取れにくいだけではなく、戦車も非常に大変なものとなっており、汚れの粒子が大きいため、無理に洗車をすると傷になってしまう危険性もあります。

こういった汚れがついた後だと、カーコーティングを施すこと自体が難しくなってしまいますので、本格的に冬に突入する前に済ませておくのが一番です。

遅くなったという人でも、正しいカーコーティング剤と、整った作業環境と設備があればコーティング可能ですので、諦めずに施工してくれる業者を探してみると良いでしょう。

 

冬に向けてのカーコーティング

前述の通り、冬場に突入する前にカーコーティングをしておくことで、車へのダメージを軽減し、寿命を長くすることができます。

カーコーティングにはガラスコーティングとポリマー系のコーティングの大きく分けて二種類があり、どちらもそれぞれメリットデメリットがありますので、愛車の使用状況等によって適切なコーティングを行なうと良いでしょう。

信頼のできる施工業者に相談すると、愛車にあった方法を教えてくれるでしょう。

非常にパフォーマンスに優れたコーティングに、ナノグラスコートがあります。

これは溶剤と呼ばれる物質を一切含んでいないコーティング剤で、耐熱性が非常に高く、ナノレベルのガラス成分が浸透して皮膜を形成するため、様々な汚れや傷に強いコーティングとなっています。

それだけではなく、表面に光沢を出すことができ、車の美しさを際立てる効果もあります。

その他にも、洗車などの手入れも非常に簡単なものになります。

冬に向けてパフォーマンスを重視したカーコーティングを探しているという人はぜひナノグラスコートを検討してみてはいかがでしょうか。