事故後のカーコーティングについて

 

事故後のカーコーティングはできる?

事故をしてしまった際に、車の傷や凹み、塗装の剥がれなどは自動車保険で直すことができますが、カーコーティングもその保険の対象になるのでしょうか。

結論から言えば加入している保険が適応していれば条件付きでできます。

保険の条件も様々であり、過失割合によっても変わってきます。

事故後に、車体の見栄えが悪くなった、という方は実費で修理する人も少なくありません。

ただし、事故にあった部分の車体が変形している場合、まずコーティングできるように修理から必要になる場合があります。

事故が自損事故が自動車と自動車の接触事故なのかにより、過失割合などが関係する場合もありますので、保険会社や専門の交通事故専門の弁護士に確認してみましょう。

 

 

コーティングの保証期間

事故後のカーコーティングの再施工を行なうための条件には様々ありますが、その一つにコーティングの保証期間内であるということがあります。

コーティングの施工は見た目で判断ができないため、コーティングの保証期間内であるということは、コーティングが施工されたということと、コーティングの効果が持続していたことの証拠になります。

保証期間内であってもそれにさらに条件が加わります。

まず、メンテナンスがしっかりとされていたという条件が必要になるケースが多いです。

保証期間には、一定の定期点検や有料メンテナンスが条件になっている場合があります。

定期的なメンテナンスを受けていない場合、保証対象外となる場合がありますので、事前に条件をよく確認しましょう。

また、事故によって損傷した部分を補修する場合は、保証の対象外となることもあります。

保証内容がどのような条件なのか、良く確認をしておくとよいでしょう。

事故後の保証に関しては、保証があったとしても保険会社、保証をした業者との契約によって違いがありますので、よく確認しておきましょう。

車体のことを考えるなら、事故後にそのまま補修もせずに放置することは、さびなどの原因になり、車体の劣化につながるため、早めに実費でも対処することをおすすめします。