ワイパー傷をカーコーティングで防ぐ

 

一度傷がついてしまうと修理が大変に

大切な愛車は、少しの傷でもついてほしくないものですが、どうしても傷がついてしまうケースがあります。
例えば、舞い上がった砂がガラスに降り積もり、水分の少ない状態でワイパーをかけてしまうと、ワイパーをかけたあとが傷となって残ってしまいます。
雨が降ったあとの汚れが付いた状態で、ワイパーをかけた際にも、小さな傷がガラスにできてしまうこともあるでしょう。
小さな傷が一つ程度であれば、それほど目立たないかもしれませんが、数が増えてしまうと太陽の光が差した時に浮かんで、目立ってしまいます。
しかし、一度ガラスについた傷は素人の手で、元通りの美しい状態に修復することは難しいです。
プロの技術で、研磨剤を使って綺麗に磨き上げてもらうことが必要となり、必然的に費用がかかってきます。
大切な愛車のためとはいえ、小さな傷で毎回修理に出していては、お金も時間もかかってしまうため、大変でしょう。

 

カーコーティングでワイパー傷を防ぐには

利用しておきたい方法が、カーコーティングによるワイパー傷の防止です。
傷ができる前に防止しておくことで、ある程度のワイパー傷は防ぐ効果が期待できるため、おすすめです。
カーコーティングというと、車のボディにするものというイメージがあるかもしれません。
しかし、ガラスに施すこともできるため、強力な被膜をつくりワイパー傷を防ぐという技術です。
そして、カーコーティングは新車に行っておくことが一番効果的です。
より美しい状態のガラスに技術を施しておいた方が、傷を修理してから保護をするという手間もかからず、傷防止になります。
カーコーティングの技術や質は多数あるため、お気に入りの愛車をワイパー傷から守るのであれば、より効果的な高品質のものを選びましょう。
例えば、ナノレベルの超高密度でガラスを含んだコーティング技術です。
非常に細かいガラスが浸透し、ガラスを汚れや、傷から守ってくれる効果を持っています。
耐久性や汚れ防止にも効果的で、コストパフォーマンスが高い点からもおすすめのカーコーティングといえるでしょう。

 

ガラスを傷つけないために日頃からできること

より念入りにワイパー傷を防止するには、普段からガラスに砂やほこりが積もったままにならないよう、水で洗い流すよう心がけておくことです。
毎日しっかり洗車をするわけではなくて、水を流すだけでも変わるでしょう。
自宅で水洗いは難しいという場合は、ウェットティッシュでさっとふき取るという防止法もあります。
愛車を傷から守るために、試してみてください。