コーティング車の洗車方法

まずは汚れを落とすことがポイントです

美しい車の状態を長持ちさせるために、
コーティングは非常に有効な方法といえるでしょう。
確かに、普段のお手入れ方法は、基本的には水洗いで済むことが多いですし、
洗車場に通うことも少なくなるかもしれません。
むしろ、コーティングした車が、自動洗車装置を使うことは、
避けた方が良いともいえます。
せっかくのコーティングに、
洗車時にブラシによる細かい傷がついてしまっては台無しです。
自宅で水洗いする際にも、よくスポンジなどを使用している人も多いかもしれませんが、
表面についた小さなゴミや砂などを取り除く前に、擦ってしまうと
コーティングされた面を傷つけることになってしまいます。
そこでまずはじめにすべきことは、車全体に水をかけることです。
基本は、上から下へ流れるように、砂ほこりなどが流れ落ちるように水をかけましょう。
その時、スポンジやタオルは、使わないほうが良いでしょう。
完全に砂などが落ちるまで焦りは禁物です。

擦り洗いは避けるべきです

水洗いによって、だいたいの砂やゴミを洗い流せた頃には、
水をかけただけでは落ちにくかった汚れも、徐々に浮き上がってきます。
そこで初めて、タオルの出番となります。
この時使用するタオルは、一般的なタオルでは車に傷がついてしまうことになるので、
必ず洗車用のマイクロファイバー素材のタオルを使用することが、
大切なポイントになってきます。
このタオルを使う際には、タオルで拭き洗いするという感覚ではなく、
タオルに沢山の水を含ませ、絞らないで使うことがポイントです。
水をたっぷり含ませたタオルを、車の表面に置き、
そっと滑らせるように動かしていくのです。
車の表面とタオルの間には、常に水の膜が張っているようなイメージで、
その上を滑らせていくように洗うのが、コーティング車の正しい洗車方法といえます。
そして次に、細かい部分についての洗浄の方法です。
車のサイドミラーやワイパーの部分、ナンバープレートなどは、
やわらかい素材のブラシを使って、丁寧に洗いましょう。