コーティング施工後のメンテナンス方法

場所によるコーティングの施工

ガラスなどのコーティングについては、自分で行うこともできますし、
業者さんに依頼するということもできると言えます。
このコーティングの施工なのですが、やはり、良し悪しというのがあります。
コーティングの方法によっては、数か月も持続しますが、
きれいな状態をそのままの状態で保ことができるかといえば、
それは問題ではないでしょうか。
やはり、水洗いしたのちに施したとしても、
何もしなければ、すぐに汚くなると言えます。
それは、車庫でもない限り、鳥の糞とか、誇りなどが付着するわけで、
それが大きな問題になるものと想定されるからです。
特に、北国の場合は、冬になると雪が降りますし、雪が降る前には、霜が降ります。
当然、ガラスをゴムヘラに充てて、霜を取ることをしなければなりません。
そうなると、洗車どころの話ではなくなるわけで、
メンテナンス自体が無駄ということになってしまいかねません。
では洗車などの施工は、どのように行わなければならないのでしょうか。

雪国での施工について

カーメンテの目的の多くは、ガラスの油膜取りが主ではないでしょうか。
その油膜取りや、ボディの泥汚れや鳥の糞などを水洗いなどで流し落としたのちに、
コーティングするわけですが、こういったメンテナンスについても、
その施工後を考えた上で慎重に行わなければなりません。
当然、雨が降っているときなどのメンテナンスはナンセンスです。
そんな時にコーティングなどをすれば、
施工後であっても、すぐに汚れてしまいますし、第一意味がありません。
施工後のことを考えると、そのメンテナンスは、北国においては、霜が降りないとき、
また、雪が降らない時期に集中して実行しなければならないでしょう。
そして、残念なことですが、雪国において、
冬期間においてそのメンテナンスについては、特に外に駐車している限り、
非常に難しいと言わざるを得ません。
それは、施工後のことを考えれば当然ですが、
費用対効果の面で損な思いをするからです。