コーティング後の手入れの方法

カーコーティングの必要性とは

車というのは走れば十分というものではなく、フォルムやスタイルなど、
美しさを楽しむものでもあります。
そして大切にしているものですから、なるべく傷などをつけず、
綺麗な状態で保ちたいと思うのは自然なことなのです。
そのために必要となってくるのがカーコーティングで、
これは従来のワックスよりも高性能なものとなっていて、
自分で施工することはできないのですが、
一度行うと最低でも3か月から長くて3年間は必要な状態が維持されるのです。
しかしながら、効果が発揮されるためには日頃の手入れも大切になってきて、
特に屋外に駐車している場合、花粉や虫の死骸、鳥の糞などが表面にくっついて、
シミとなって汚れができてしまうのです。
そのために普段からしっかりと適切な手入れをすることが大切で、
知らないのならまずはその方法を学ぶ必要が出てくるのです。
そして、それを正しく実行することが、
長持ちさせるためには必要不可欠なこととなってくるのです。

手入れの方法を知ること

ただしカーコーティングといっても大きく分けてポリマーコーティング、
ガラス系コーティング、ガラスコーティングと3種類があります。
それぞれ手入れの方法が異なっていますので、
自分がどういった系統のものを使っているのかをまずは把握する必要があるのです。
そして、特に気を付ける必要があるのがポリマーで、
近頃は技術が向上してきて問題が少なくなってきましたが、
水洗いする際にシャンプーを使うと落ちてしまう恐れがあります。
ただし、それ以外はむしろシャンプーを使うことが求められるのです。
シャンプーはまだ固着していない、
目に見えないほどの細かい油汚れを早めに除去してくれる効果があります。
そしてコーティングの層が表面に露出することによって、
本来の機能をしっかりと引き出すことができるようになるのです。
それゆえ、日頃から目には見えない油汚れや埃などを落とすことが重要となってきて、
これらをきちんとしないと、せっかくのコーティングも意味がなくなってしまうのです。