コーティング剤の硬度の差による特徴

車を綺麗に維持するために必要。

カーコーティングはガラスでも行うことができ、
間近で見るとコーティングをした時としない時の差がはっきりとわかります。
現在はとても多くの種類のコーティングがあり、
ガラス皮膜の特性である親水性を実感することができます。
親水性は水が表面に馴染むようになることです。
開発を重ねることによって、
撥水性や水が切れるように流れる滑水性を保つことができるようになりました。
そのため、汚れが付いたとしてもコーティングの上からですので、
綺麗に取り除くことができ、
触った時の感覚もとても滑らかなものとなる特徴があります。
新車以上の艶を作ることができる特徴や汚れを簡単に落とすだけでなく、
キズを付きにくくするという特徴もあります。
このような効果があるのは、ガラスコーティングというもので、
通常のものよりも硬度の高い皮膜を形成することができます。
黒いボディの吹き上げに関しては、他の色のものと比較してタオルで拭き上げた時に、
傷がつく可能性があるため硬度の高いものがお勧めです。

硬度も考慮に入れることが大事。

従来のコーティングは一層式皮膜で行っているため、
キズが付きやすく表面だけ一度塗るものですが、
硬度の高い複層ガラスコーティング施工方式を取り入れることによって、
艶や輝きに重厚感が増すようになりました。
複層施工方式は施工内容や仕上がりに自信があります。
アフターメンテナンスの保証を行っているところもあり、
自動車保険の範囲内で適用させることができます。
複層に重ねているため、半年たってもキズや汚れシミを付けないようにします。
硬さの中に柔軟性を兼ね備えることによって、耐衝撃性強化を付けることもできます。
硬度を高めるだけでなく、柔軟性や弾力性を高めることによって、
洗車傷に強いボディに仕上げることができます。
三次元結合による皮膜ですので超密着性となります。
しかし、重ねれば重ねるほどいいのではなく、
多く重ねることによって、ひび割れを起こしやすくなるため、
3~4μm程度の厚さが一番ちょうどいいものとなります。
上質なシルクで触ったような体験をできます。