コーティングの施工時は二層・三層の施工がオススメ

車のコーティングは保護力が大切

コーティングには、いろいろなタイプがあるようですが、
どれも同じ効果があるわけではありません。
効果が1年ほどしか持たないものもありますし、数年持つというものでも、
効果は施工方法や施工に使用するものの質によっても、大きく異なってきます。
車の塗装というものは、下地塗装の上に、
ガラス層と呼ばれるものが覆われているような状態なのですが、
このガラス層の部分は、経年劣化によったり、洗車の際に、
ブラシなどでついた傷によって、どうしても荒れた状態になってしまいます。
ですから、こうなってしまった場合には、
そこにコーティングを直接するわけにはいきませんから、
まずは、その表面を、丁寧に細かく磨いていくことが必要です。
そうすることで、荒れてしまった面が、美しさを取り戻していくのです。
丁寧に磨くことをせず、荒れた部分に保護剤を塗布することで、
滑らかに見せる場合もあるようですが、それでは根本的な解決にはなりません。
しっかりと丁寧な作業が重要なのです。

車のコーティングで新車の美しさを保つ

コーディングのための下地をしっかり整えたうえで、
はじめて、保護剤を塗布する段階に入るわけですが、
この保護剤にもさまざまなタイプがあるようで、
一概にどれが良いとは決められないものですが、従来のように、
ガラスの層を作るという施工方法ではなく、ガラス成分がボディに浸透していくことで、
被膜を形成させる施工方法の方が断然おすすめといえるでしょう。
さらに、二層、三層となっていれば、
さらに傷からボディを保護してくれることになるだけでなく、
美しい輝きを得ることも可能なのです。
そのように、高い効果を発揮するためには、通常の保護剤と比べて、
より小さな微粒子レベルの薬剤の塗布が効果的といえます。
微粒子ほどの大きさの保護剤が、塗料としっかりと結びつくことで、
美しい光沢だけでなく、強固な塗装保護力を維持することが可能で、
その効果は6年ほども続くといわれています。
また、良いコーティング剤は、環境にも優しく安全性が高いのが特徴です。