コストパフォーマンスに優れたカーコーティング剤
「ナノグラスコート」の実力

ナノグラスコートとは

ナノグラスコートは、ガラスや半導体シリコンなどにも用いられている、
無機成分が使用されています。
カーコーティング材としても大変注目されている、
ナノテクノロジーによるガラスコーティングは、コストの面でもおすすめです。
ナノグラスコートに使用されている成分の大部分が、
アルコキシンロキサンと呼ばれている無機成分で劣化しません。
また健康被害が懸念されている揮発性有機化合物にも対応しています。
このような規制をクリアしているだけではなく、
コーティング性能に優れていることから、
日本国内にとどまらずヨーロッパやアメリカなど規制の厳しい国でも支持されています。
カーコーティングをする際は、使用している車のメーカーや走行距離や車両の状態、
車のボディーカラーや大きさなどによって料金の見積りがなされています。
希望すればホイール部分やライト部分などにも、
オプションとして施工してもらうことができる業者がありますので、
コストをご相談されてみてはいかがでしょうか。

バリア性能について

ナノグラスコートは、他のカーコーティングと比較しても持続性に優れていることから、
コストパフォーマンスの面でも支持されています。
紫外線や夏場の強い日射し、黄砂や酸性雨、塩害や花粉などの外敵ダメージの他にも、
油やシンナー、油性塗料などのような化学物質などから保護することができます。
コストパフォーマンスが高いベーシックな1層による施工方法でも、
ナチュラルなツヤ感を出すことができますし、撥水性にも優れています。
さらに差別化をはかるためにワンランク上の施工方法をするのであれば、
2層によるグラデーションのカーコーティングで、滑水性がある液剤がおすすめです。
ツヤ感や光沢がとても美しいだけでなく、
防汚性や耐久性がベーシック施工よりさらにアップします。
愛車をさまざまなダメージから長期間保護し、美しく保ちたい方は、
最先端技術が用いられているナノテクノロジーによるカーコーティングを、
一度お試しになってみてはいかがでしょうか。