ガラス系カーコーティングの寿命について

 

ガラス系コーティングの特徴

ガラス系コーティングの寿命は一般的に3年~5年であるものの、1年も経たずにコーティング剤が剥げ落ちてしまいます。

これは長く走行を繰り返すと、雨や風などによってダメージは蓄積されていくからです。

そのため、3年以上持つと考えるのは間違っており、寿命はもっと早くに来ると考えておくべきです。

カーコーティングをするにあたっての頻度はカーライフによって変えるのが望ましいといえます。

車を普段使いしている場合は環境の影響を受けやすくなります。

屋外に駐車する時間が長い場合も同様です。

どれぐらいのダメージを受けているのかは素人目では判断するのが難しく、手遅れになってしまう場合もあります。

メンテナンスをまったく行わないと、耐久期間を下回ってしまうのも注意点です。

自分でメンテナンスを行えないわけではないものの、コーティング部分を傷付けないようにするために硬い道具を使わないようにすべきです。

拭き上げのときにはマイクロファイバー繊維の布などを使うようにするのもひとつのコツとなります。

最も確実になるのは専門店に依頼して、高圧洗浄などをしてもらうことです。

 

メンテナンスで寿命を延ばす

ガラス系カーコーティングの寿命は多くの人が思っている以上に短いです。

何も変哲がないように見えても、実は劣化してきていると考えるとよいでしょう。

ガラス系コーティングには具体的に寿命があるわけではなく、耐久年数通りに機能性が保たれるわけではありません。

少しでもガラス系コーティングの寿命を延ばすことを考えるのなら、定期的なメンテナンスが重要になります。

専門店に依頼してのメンテナンスを行うことで、ガラス系コーティングの寿命が延びていきます。

また、劣化し始める時期を見極めるにあたっても非常に重要です。

細かい状況について知りたいと思っても、素人目には分からないことも多いからこそ、専門店に依頼して確認してもらうのが望ましいです。