ガラス系カーコーティングのメリット

ガラスカーコーティングとは


愛車を傷や汚れから守るためにワックスで手入れをしている、もしくはしていたという方もおられると思いますが、現在ではワックスではなくカーコーティングが主流となっています。
ワックスは植物性油脂が主成分として使用されており、手入れに使用することによって傷や汚れから愛車を守るのに効果的という理由で長いあいだ支持されてきましたが、汚れやすく熱にも弱いという理由で現在ではガラスカーコーティングが主流となってきた経緯があります。
車の手入れに使用するガラスカーコーティングの主成分は化学成分が用いられており、ワックスによる手入れが3ヶ月程度の持続期間なのに対しガラスカーコーティングは3~5年と非常に長いあいだ愛車を守ることが可能となります。
この持続期間の長さに惹かれる方が少なくありません。


ガラスコーティングのメリット


ガラスコーティングによる手入れにはさまざまなメリットがありますが、もっとも大きなメリットとしてカーワックスをかけなくても美しいボディを維持できるということが挙げられます。
愛車を常にキレイな状態に維持しておきたいと考える方は多いですし、そのような方にとってガラスコーティングは重宝できる存在と言えるでしょう。
また、先ほども少しお伝えしたように効果の持続期間が長いため手入れの必要性が少なくなります。
ワックスのように頻繁にかける必要がありませんし、これまでのような労力と時間をかけずに済むというのは大きなメリットではないでしょうか。
車のメンテナンスや手入れにあまり時間をかけることができない、という方にとってガラスコーティングほど重宝できるものはありません。


傷や汚れから愛車を守る


コーティングを採用することによって愛車を常にキレイな状態に保つことができますし、小傷や汚れからも守ることができます。
ワックスでも傷や汚れから守ることはできましたが、ガラスコーティングはワックスよりも硬い皮膜を形成してくれるためよりしっかりと愛車を傷や汚れから保護してくれるのです。
これもガラスカーコーティングの魅力でありメリットと言えるでしょう。
では、デメリットは一切ないのかというとそうでもなく、ワックスより費用が掛かってしまうというデメリットがあります。
しかし、持続期間が圧倒的に長いためトータルで考えるとコーティングのほうがコストパフォーマンスは良いと言えるでしょう。
最初にやや高い費用が必要なだけです。