カーコーティング後の水垢について

 

カーコーティング後の水垢がつかないは間違い

最近では新車中古車問わず、車にカーコーティングを施工する人が増えています。

ガラスコーティングであれば施工後は重ねてコーティングをする必要がなく、洗車も楽になりますので、簡単に車をきれいに保つことができるようになります。

いつでも、車体を綺麗に保ちたいと考えている人は、カーコーティングを定期的にしておくことがおすすめです。

放置しておくと、水垢やさびなどの原因になり、大切な愛車の車体の美しさを損なう結果になってしまうからです。

車体を整備するときに、専門のカーディーラーやコーティングをした後、安心して乗り続けている人もいます。

しかし、コーティングも時間ともに劣化するもので、一定の保証期間があったとしても、十分にメンテナンスの必要性はあります。

正しいメンテナンスをしないと車は汚れてしまいますので、しっかりと方法について知っておきましょう。

 

 

 

水垢の落とし方

カーコーティングをした車の水垢はどのように落とせばよいのでしょうか。

ディーラーや専門店でコーティングの施工をした場合は保証がついている場合がありますので、まずは連絡をしてみましょう。

それほど水垢がひどくない場合、自分で専用のキッドを用意して、汚れを落とすことができる場合があります。

しかし、車体の裏側やドアの隙間など汚れが取りにくい部分まで、きっちりと行う場合には専門の業者に依頼するほうが確実です。

よくわからないままメンテナンスを行なうとボディへのダメージが大きくなってしまうこともありますので、しっかりとやり方を調べた上で行なうようにしましょう。

自分で水垢を落とす際はしっかりと調べてから行うことをおすすめします。

ディーラーや業者の保証が受けられなくなったり、コーティングや塗装を痛めてしまったりすることがあります。

基本的にはカーコーティングを専門としている業者に一度、相談して定期的にメンテナンスすることが確実です。