カーコーティング前の下地処理の必要性

ボディをコーディング

車をきれいに保つことは手間がかかりますが、手をかけた分だけやりがいがあります。
ボディを鏡面のようにするためには、複数の工程を丁寧に行う必要性があります。
洗車機では表面に細かい傷がついてしまうので、
専門のカーシャンプーで丁寧に手洗いします。
黒など暗めのカラーの塗装は、特に小さな傷が目立ちやすいです。
洗い終わったら水分をしっかりふき取ることも大事です。
そうでないと、コーティングの際にムラができてしまいます。
その後細かいこびりついた汚れを落としてからコンパウンドをし、磨きをかけます。
電動の物も販売されており、
カーショップで購入すると疲れずにきれいに作業ができるので便利です。
まめにこの作業を行うことで、より表面の滑らかさを保つことができます。
そして油などを落とす脱脂をして、コーティングをして乾かします。
天日や雨の影響を受けない曇天の日におこなうことがオススメです。
このような工程を経ることで顔が映るような表面に仕上がります。

コーティング剤の性質

自分でコーティングするには下地処理に時間がかかるし、
仕事などが忙しくて、暇がないという方はプロに依頼するという手もあります。
研磨の機器やコーティング剤などは専門のものを使用するので、
仕上がりにも差がつきます。
現在では、ナノテクノロジーの発達により、
大変細かい傷も消すコーティング剤が使用されています。
鏡面のように綺麗なだけでなく、触っただけでも分かる滑らかな手触りに仕上がります。
雨もしっかり撥水するので、汚れがこびりついてしまうこともありません。
プロの技術を使えば、表面を頻繁に研磨することなく塗装を保つことができるのです。
知識を持ち自分できちんと手入れをしていても、
下地処理では細かい傷がついてしまうことがありますので、
コーティングの重要性がわかります。
ホイールや窓の部分も、購入時にしっかりと手入れをしておくと、
雨や雪が降っても簡単に汚れや水分を落とすことができます。
なにより下地処理から丁寧に行う必要性があるのです。