カーコーティングの耐用年数について

 

カーコーティングの種類によって耐用年数が異なる

新車を購入した後は、できるだけ早くカーコーティングをして塗装を守ることが大切です。

カーコーティングにも様々な種類があるため、コーティング剤の選択に迷っている人もいるのではないでしょうか。

カーコーティングの種類によって耐用年数が異なるため、それぞれの特徴を理解した上で選択することが大切です。

コーティング剤の種類の一つに、油脂系コーティングがあります。

このカーコーティングは一番身近なコーティングです。

車のボディに蝋を塗って水弾きを良くし、汚れにくくする効果があります。

深みのあるツヤを出し、安価であるという特徴があります。

しかし、蝋を塗っているだけであるため、カーコーティングが取れやすいです。

洗車や雨でも流れ落ちてしまうことがあり、耐用年数は3ヶ月と短めです。

樹脂系コーティングは、薄い樹脂の皮膜をつくってボディを守るカーコーティングです。

油脂系コーティングと同様に、施工が簡単で安価であるといい特徴があります。

耐用年数は3ヶ月から1年ほどとされています。

半年を過ぎるとツヤがなくなるため、半年に一度は塗り直しが必要です。

 

 

ガラス系とガラスコーティングの違い

ガラス系コーティングは、樹脂系コーティングと同じですが、細かいガラス繊維やガラス成分が入っているため樹脂系コーティングよりも長持ちする点が異なります。

耐用年数は1年ほどです。

カーコーティングの中でも最も優れている種類は、ガラスコーティングです。

ガラス系コーティングと似ていますが、ガラスコーティングはコーティングしたボディ表面にガラスの皮膜をつくります。

車のボディ表面に薄いガラスを貼っているのと同じ状況です。

耐用年数も3年とされています。

素人ではガラスコーティングはできません。

カーコーティング専門店にガラスコーティングを依頼してみてはいかがでしょうか。

ケアをしなくてもピカピカの状態を保つことができます。

しかし、費用が高い傾向にあるため、コストを抑えたい人は油脂系コーティングなどを検討してみるといいかもしれません。