カーコーティングに適した季節とは

 

秋以降のカーコーティングは適していない?

カーコーティングはどの季節が適しているのか、疑問に思っている人も少なくありません。

特に雪がよく降る地域では、秋以降にカーコーティングをしない方がいいと聞いたことがある人もいるでしょう。

雪のずり落ちなどでカーコーティングに傷が入ったり、剥離したりする可能性が高いとされていますが、カーコーティングは膜に強度があるため、簡単に傷が入ったり、剥離したりすることはありません。

しかし、適切なメンテナンスをしないと傷が入ったり、剥離したりする恐れがあります。

光触媒とガラスコーティングの場合は、単体カーコーティングに比べて2倍ほどの密着力があるため、ほとんど剥離しません。

雪がよく降る地域で、秋や冬の季節にカーコーティングを考えている人は、光触媒とガラスコーティングを検討してみるといいでしょう。

 

 

作業環境、設備、コーティング剤が整っていれば季節は関係ない

冬は霜や溶けた雪によって汚れやすい季節であるため、他の季節よりも車は汚れやすい傾向にあります。

また、塗装にもダメージを与えます。

塗装に受けたダメージを回復させるために、塗装のし直さなければならない恐れもあります。

カーコーティングによって塗装を守ることが大切です。

塗料は金属が含まれており、水溶化した酸が金属を腐食させ、塗装を傷みやすくさせます。

塗装内部から傷みが進行すると外部的処置のカーコーティングでは回復させることができません。

しかし、ガラスコーティングは細かいナノ分子によって膜を形成しており、塗装への入り込みを防ぐ効果があります。

冬にカーコーティングを行う場合は、適切なコーティング種類を選びましょう。

正しいカーコーティング剤を選択すると、どのような季節でも問題ありません。

しかし、カーコーティングを行う環境、設備が整っていなければ冬季は避けるべきです。

冬季同様に、湿度の高い梅雨の時期や気温が高い夏場も作業環境などが整っていないとコーティング剤の成膜過程に影響が出る可能性があるため、注意しましょう。

新しい車は、季節関係なくできるだけ早くカーコーティングをすることをお勧めします。

膜のない塗装は日々傷んでくるからです。

カーコーティングを検討している人は、作業環境や設備が整っているカーコーティング専門店に相談してみてはいかがでしょうか。