カーコーティングと、カーワックスの違い

カーワックスとは

以前は車の保護と言えばカーワックスが主流でした。
道具さえあれば自分でも簡単に塗ることが出来るので、
その手軽さが人気の理由のひとつと言えるでしょう。
専門店でなくてもホームセンターなどでも購入することが出来ますし、
その種類も豊富です。
カーワックスは主にロウを主成分としており、
基本的には艶出しを目的として使用されています。
ピカピカとした艶が出るため、新車のような美しさを取り戻すことが出来ます。
コーティングと比較すると施工費用は安くなりますが、
効果の持続期間が短いというデメリットもあります。
雨が降っても落ちてしまうことがあるので、こまめな塗りなおしが必要になります。
また、場合によっては傷をつけてしまうことがありますので、
ワックスを塗る際には注意が必要です。
コーティングの方は施工費用はワックスよりも高くなりますが、
汚れ防止や撥水効果が高くなり、それらの維持期間が長くなるため、
長期的な面で考えるとかえって低コストになることもあります。

コーティングとその種類について

最近ではワックスに代わり化学物質によるコーティングを選ぶ方も増えてきました。
艶出し効果だけでなく、汚れ防止や撥水効果が得られますし、
ワックスと比較して効果の持続期間がとても長くなると言うメリットがあります。
一口にコーティングと言ってもいくつか種類があり、それぞれ特性が違います。
一般的によく知られている撥水性は、水がかかると水滴が球状に転がるのが特徴的です。
雨の日などのガラスの曇りも予防するため、
視界がクリアになり、安全確保に一躍買っています。
疎水性は水が水になじみにくい性質があり、
雨が降ったりすると水が大きな塊となって流れ落ちます。
撥水性よりも見た目の満足度は劣りがちですが、保護効果は高めになります。
親水性は疎水性とは違い、水になじみやすいという特性があります。
そのため、水がかかるとじわっと広がるように流れ落ちます。
また、太陽光が当たることで出来る水滴跡がつきにくくなるというメリットもあります。