いつまでも新車の状態に。新車でもコーティングする必要性。

カーコーティングとは?

コーティングとは、商品そのものを強力な保護膜で覆うことで、
日常の様々なものに使用されています。
これによって商品の素材を様々な刺激から守る役割があります。
また、ツヤもあるため見た目もきれいに仕上がるというメリットもあります。
原料となる素材にはフッ素やシリコン、ケイ素、チタンなどの化学成分であり、
その大きさは分子レベルの小さな隙間でも入り込むことができ、
強力な保護膜を形成します
車には「カーコーティング」と呼ばれるものがあり、
従来では洗車の後に仕上げ段階で使用するワックスなどを想像しがちですが、
ワックスは主成分が植物性の油脂であることが多く、
ちょっとしたキズを目立たなくする場合や、
塗装後のツヤ出しなどに便利と利用されています。
しかし、ワックスの場合水性率が高いので熱や雨に弱く、
また洗車によってすぐに流されてしまうため、持続期間が短く何度も塗る必要があり、
幾度となるワックスがけによって、
ボディに水垢や細かなキズを作ってしまうのが難点でした。
そうしたことを受け、熱や酸性雨に強く、
また汚れも付きにくいコーティングが開発され使用されるようになったのです。
これによって持続期間も遥かに長くなりました。

新車にもコーティングの必要性はある?

コーティング剤の特長として、持続期間が3~5年と長く、
対候性・耐熱性・耐水性に優れ、ダメージにも強いというメリットがあります。
施工費用はワックスと比べると高くはなりますが、
数年に1度行うだけなので長期で見るとお得であるとも言えます。
種類にはポリマーとガラスの2種類が主であり、
その中でもガラスタイプは強力な保護効果があります。
素材にはシリカと呼ばれる成分が使用されており、
抜群の耐塩・耐酸性を持っており紫外線劣化も防ぐ効果があります。
シリカとは石英(水晶)であるため、これを使用することで、
車にはツヤと光沢が生まれピカピカの鏡面の様に仕上がるのです。
新車を購入した際にガラス加工を施すことにより、
愛車をキズや熱・酸性雨・紫外線などの様々な刺激から保護することができ、
さらにいつまでも新車の様なピカピカの状態を保つことができるので、
その必要性は、新車を購入したらガラスコーティングを施すことをオススメします。